渡辺住研 管理サービス

退去・解約の方はこちら

メールでのお問い合わせ

  • HOME
  • 渡辺住研の強み

渡辺住研の強み

地元埼玉県西部で地域密着40年

住研グループは地域密着型の経営方針によりおかげさまで創業40年を超えることが出来ました。渡辺住研の賃貸部門は東武東上線鶴瀬駅を中心に、上りは志木駅、下りは上福岡駅の駅前に6店舗にて営業をしております。また、法人営業に特化した事業部を東京の池袋に構えております。創業から2代、3代と物件オーナー様とお付き合いをさせていただいており、さまざまなことを経験させていただき、その蓄積により今の渡辺住研が存続できております。新入社員も会社の方針として、東武東上線周辺において一人暮らしを義務付けており、よりお客様の立場に立ったお部屋探しと地域情報を熟知した生活提案が出来るようになっております。地域密着の経営とアパマンショップフランチャイズへの加盟によるネームバリューにより、オーナー様の物件の満室経営を具体的に対策ができていることが私たちの強みであり、お客様に選ばれる自信となっております。

イメージ・地元埼玉県西部で地域密着40年

管理戸数5900室以上、入居率平均94%以上の実績

物件オーナー様にとって一番大事なことが、空室がないことと思っております。その為には、既存ご入居者様への満足度向上による退去防止はもちろんのこと、さまざまに変化するニーズを早くつかんで、空室対策へ生かしていくことが重要です。私たちは、埼玉県の平均空室率18.3%(平成20年調査)の中、渡辺住研管理物件の平均空室率が6%以下と周辺同業他社と比較して高い水準を保っております。その理由として一つは、渡辺住研の特徴である組織にあると言えます。弊社は賃貸部門が3部門に分かれており、お部屋探しのお手伝い、集客活動をする営業部門、オーナー様の管理物件を守りご入居者さまの満足度向上を追求する管理部門に加え、空室対策に特化したリーシング部門の3部門により、空室対策をおこなっております。営業部門と管理部門だけでは、それぞれの視点でお互いの主張のぶつけ合いになってしまい、それをまとめて行動に落とし込む事業部が必要だったため、今から5年以上前にできた事業部がリーシング部門になります。日々新しいことを勉強し、それを管理部門、営業部門と共有することができるため、さまざまな空室対策の展開が可能となっております。

イメージ・管理戸数5900室以上、入居率平均94%以上の実績

オーナー様の満足を第一に考えた賃貸管理サービス

オーナー様が管理をお願いしたいと思うきっかけとして、空室の問題、滞納の問題、クレームの問題等があげられると思います。その問題をすべて一手で解決をするのが、渡辺住研の管理サービスです。わずらわしいと思われる作業については、すべて弊社が代行をいたします。オーナー様には物件担当者が1名以上、空室担当が1名つきます。定期的にご訪問をして物件の状況報告や、空室の状況、クレーム解決のご報告をさせていただきます。また、毎月20日の賃料お支払日には、月次の収支明細書を送付し、また年度ごとに収支状況がわかる書類をお持ちさせていただいております。月次の支払日には物件状況がわかる写真報告書も同封(管理メニューにより)させていただいており、遠方にお住まいのオーナー様にも安心をしていただいております。定期的に管理物件オーナー様向けのセミナーも開催しており、主に賃貸市場の動向、賃貸に関する法律の改正等の内容において、オーナー様への情報提供もしております。賃貸経営についてオーナー様とともに真剣に考えていけるスタッフがそろっていると自負しております。

イメージ・オーナー様の満足を第一に考えた賃貸管理サービス

管理サービスをご検討のオーナー様は無料で査定をさせていただきますのでお気軽にご相談ください。